新しい靴を買いました

今までずっと気に入って履いていた靴のつま先にとうとう穴があき、デパートに靴を買いに行くことにしました。
いい靴を見つけるにのはいつも苦手で、一人で行くと何も見つけられずに帰ってくることが多いので、母についてきてもらいました。
母は洋服屋などに行っても、わりとすぐに見つけられるので、そういうときに一緒に行くとかなり便利です。
おかげさまで、今回はいい靴を見つけることができました。
母と一緒に行っても見つからないときは絶対に見つからないので、今回は見つかってラッキーでした。
洋服でも靴でも、気に入ったのを買えるとルンルン気分で帰り、一日中気分がいいです。
そのせいというわけではありませんが、そのあとデパ地下でケーキを買って帰りました。
逆になんにも見つけられずに帰ると、一日ドヨーンとしてしまいます。
家に帰ってからも、鏡の前でその靴を履き、一人ファッションショーをして楽しい気持ちになります。
明日からさっそく使うのを今から楽しみにしています。
壊れた靴は、何年も履いていたものだったので、処分するのは悲しかったですが、そんなになるまで使ってもらって、この靴もきっと本望だっただろうなぁ、と思いながらゴミ箱に入れました。

切れ味の良い包丁で料理

テレビで切れ味の悪い包丁と切れ味の良い包丁で、肉を切って調理した時の料理の美味しさを比べていました。
お肉も調理方法も同じだとしても、包丁の切れ味が違うだけで、お肉の美味しさが全然違うという結果を見て衝撃を受けました。
うちにある包丁も切れ味は悪いと感じていましたが、まさか包丁の切れ味でお肉の味まで変わってしまうとは驚きです。
対処法としては、シャープナーという小型の奇怪で研ぐだけでも違うと言う事でした。
私も何回かシャープナーで研いだ事もありますが、シャープナーも機種によって研ぐ方法が違うだというので、またまた驚きました。
ただ前後に動かせば良いのでは?と思っていたので、ショックです。
シャープナーでも研ぐと切れ味はかなり変わるそうなのですが、包丁の切れ味を抜群にするには、砥石を使って研ぐのが良いそうです。
「砥石」と聞くと、かなり上級者向けのような気持ちになって、尻込みしそうなのですが、そのテレビでは素人の主婦の方も普通に研いでいました。
コツさえつかめれば、砥石であっても上手く研げそうな気がしました。
包丁の切れ味ひとつで、料理の味まで変わってしまうのであれば、包丁は良く切れるよう切れ味抜群にしておきたいなと思いました。

海外旅行の計画進行中

この頃、海外旅行に行きたいとよく家族で話し合います。
最初は旅番組を見て、他愛もなく、「あそこがいいね、〇〇に行きたい」といった会話程度だったのですが、父が定年退職をし、退職金が入ったこともあり、その計画の話も具体的になってきました。
私たち家族は海外旅行には行ったことがありませんし、英語すら全然できません。
しかし、父は若い頃、海外に行ってみたかったという若かりし頃の夢を語りだし、とにかく、心は海外にすでに飛び立っているようでした。
父は定年退職をしたとはいえ、新しく仕事も見つけたので、そんなに長期で出かけることはできないとはいえ、ロンドンに行きたいと具体的な地名も口に出すようになり、旅行会社に相談も行ったようです。

父は着々と海外旅行の計画を進行させていますが、父を1人だけ行かせるわけにはいきませんから、私と母も行かないといけないと覚悟は決めています。
問題は言葉です。

私は英会話教室に通い、毎日、英語の音声を聞き、なんとか現地に行っても困らないようにと勉強をしています。
父のほうは自分が好きなビートルズゆかりの地に行きたいと夢にあふれていますが、母のほうは食べ物が口に会うのかしらと心配していますが、毎朝、チーズとヨーグルトを食べているので大丈夫な気がします。

私たち家族はその内、ロンドンに行っていることでしょう。

夏は涼しい北へ

3年ほど前の夏の家族旅行のお話になります。
我が家では一人息子と3人毎年夏は車で国内旅行に行くのですが、その年は涼しく過ごせて、日本海で海水浴をということで、山形に行くことになりました。
夜発で向かい、その日は海水浴の予定でしたがあいにくのお天気で日本海ドライブ、酒田の山居倉庫を散策しました。山居倉庫は緑が多くて夏にぶらぶらしてもとても気持ちよかったです。翌日は、湯殿山神社と山寺の参拝です。湯殿山神社は神秘的でした。湯殿山についたらバスに乗り換え湯殿山神社まで向かいます。靴は脱ぎ裸足で清めてからそのまま山あいを進み神様にお詣りするのです。他の神社では感じたことのないほど心洗われた気持ちになりました。忘れられないよい思い出になりました。その後山寺へ向かいました。私は一度来たことがあるのですが、主人と3歳の息子はもちろん初めてです。息子が階段登りきれるか心配しましたが、休み休みながらも頑張って登りきりました。山形は盆地なので市内に近いと意外なことに結構暑くて汗だくになりながら登ったのをすごく覚えています。3日目は目的の日本海での海水浴でした。幼い頃新潟の海に行ったらしいのですが記憶がなく、ほぼ初日本海での海水浴。海なし埼玉県民の私は日本海の綺麗さに驚きました。太平洋の海と全然違うんですね。最終日は蔵王方面を寄り道しながら長い道のりを帰路につきました。最後に美味しかった食べ物ですが、山形だしです。なすやきゅうりのみずみずしいさとミョウガなど香味野菜のさわやかな風味、食欲のわかない夏でもこれなら進みます。旅から帰ったら自分作ったほど気に入りました。

初めてのビール工場見学

2年前くらいの夏に、家族旅行で福岡に行きました。
年に一回くらい家族旅行しているのですが、その時は母と私の大好きなビール工場見学に行きました。
昔から一度行ってみたいと思っていて、やっと行けました。

アサヒビールの工場で、予約をして無料で見れるのも嬉しいです。
もちろん楽しみは試飲なんですが。

最初に工場を周りながら説明をしてもらったり、短いビデオみたいなのも見ました。
ビールが作られるラインを見るのは楽しかったです。
どんどん流れるように、できていくのを見るのはおもしろいですね。

そして、お待ちかねの試飲です。
30分くらいだったと思うのですが、その時間内に1人3杯まで飲めました。
未成年や、運転手用にジュースやコーヒーも用意されていて、おつまみみたいなお菓子もありました。

早速並んで、工場でできたてのビールを飲みました。
めっちゃ美味しいです。
居酒屋で飲むのと全然違ってびっくりました。
冷えかたさえも、キンキンで違う感じがしました。

アサヒビールって、比較的飲みやすいですが、もっと飲みやすくて、ごくごくいけました。
夏場だったので余計にかもしれませんが、本当に美味しくて、母も喜んでいました。
しっかり3杯飲ませてもらいました。

その後は、同じフロアに売店があるので、そこでオリジナルグッズや、ビールなども買えました。
ここでついつい買いすぎてしまうんですよね。
無料で呼んでの、罠だと思います。

初めてのビール工場は、中々見れない物も見れたし、なんたってビールが美味しすぎて、大満足でした。
また行きたいです。

5月の広島、どこに行っても修学旅行生ばかり。そんな時の逃げ道

昨日今日と久しぶりに広島方面へ行きました。5月の梅雨入り前なら連休も終わってるし夏休みまでだいぶ先だから空いているだろうなあと思って行ってみると、意外と人が多くいつもと明らかに客層が違っていました。平和公園にせよ宮島にせよ、修学旅行生で埋めつくされていたのです。平和資料館はリニューアル工事中で、展示物もかなり変わったいましたが、資料を見るタッチパネルは学生だらけでいっぱいです。宮島にしては賽銭投げてお参りするだけでも待つ必要があるくらいです。そういえば京都もこの時期行ったら修学旅行生だらけだったなあと思い出しました。そこで、この二ヶ所は早々と切り上げ、修学旅行生があまり行きそうにない場所に行き先変更しました。一つは岩国の錦帯橋。意外と宮島から近いので、ついでに行きます。ここはさすがに人が少ないので、時間を気にせずゆっくり過ごせました。もう一ヶ所は呉市。確かここには海上自衛隊の展示施設があったと思い足を運びました。目当ての大和ミュージアムに着きましたが、ここも思惑どおりガラガラでした。しかも戦艦大和の特別企画までやっていたのでお得感一杯でした。他にも潜水艦の中に入れる博物館もあるので、結構楽しめます。広島行った時、修学旅行生の渋滞にはまったら、この二ヶ所はおすすめです。

念願のアドベンチャーワールド

去年の冬に私の誕生日にどこか旅行へ行こうと念願だった三重県は白浜にあるアドベンチャーワールドに行ってきました。くろしおに乗って太平洋を見渡しながら良い電車の旅もできました。お天気に恵まれていたのも幸いでした。
白浜駅に降り立った瞬間は閑散としていて何もない…と正直思ってしまいましたが、アドベンチャーワールドまではバスで一本で向かうことができました。
到着してからというものの、大人なのにとてもはしゃいでしまうほど何と言っても動物たちとの距離が近いです。生パンダも初めて見たのでもはや感動に近いものがありました。ひたすらに笹を食べている、その姿だけでも愛らしくてたまりませんでした。
またウォーキングサファリが一周なかなかの距離があるのですが歩き疲れさせない工夫もされており、なんといっても動物たちの配置が最高でした。体力に余裕があれば二周したかったです。また、肉食動物系ゾーンにはサファリバスに乗って回らせてもらいました。ホワイトタイガーが毛並みも目つきも美しかったです。
動物好きには年間パスポートが欲しくなるレベルの施設です!白浜はアクセスが少ししづらいですが一度は訪れてみられることをおすすめします。

保険の窓口に相談した結果

私が保険の見直しをしようと思ったのは、結婚と妊婦がキッカケでした。
それまでは正社員だった為、収入保障保険もつけていました。専業主婦になったので必要無いのではと思い、保険屋さんの担当に相談すると、主婦でも骨折した時に保障が効くし、月々1300円位だからつけていた方が良いと言われあまり話を聞いてもらえませんでした。主人の生命保険の加入と、学資保険も考えていた為、口コミで評判の良かった保健の窓口に相談する事にしました

まずは自分の保険内容の確認でした。収入保障の必要性を相談すると、後々仕事復帰をする予定ならつけておいた方が良いとの事でした。
ただ小学校に入るまでは仕事をするつもりは無かったのと、骨折位なら入院や手術保障でまかなえる為、あまり納得がいく説明ではありませんでした。

次の相談内容は主人の生命保険の新規加入でした。
私の希望としては、死亡保険、入院、手術、ガン保険加入が最低条件で、1番安い所。それ以外は様子を見ながら毎年見直しをして行こうという考えでした。
想像していたのは、同内容で各保険屋さんの金額と保障期間を聞いて、絞っていくと思っていましたが、まず聞かれたのはご主人が亡くなった場合いくら必要ですか?でした。
分からないから相談しているのに、500万ですか?1000万ですか?と言われても、掛け金が多い方が多く貰える事位は分かりますというかんじでした。最初のアンケートに収入や家族構成、月々の生活費を書いていた為、結局生活費プラス年金等で貰える金額を差引いて計算をし、死亡保障1000万で検討する事になりました。

 

梅田駅周辺の保険相談 人気ランキング!

 

その後の話はもう訳が分かりませんでした。最初に1番安い所と言っていたのに、掛捨てで月々2万のものを話されたり、子供は何人作る予定ですか?や、毎月の生活費はいくらあったら生活出来ますか?等、全てこちら任せで相談というよりはただ希望を聞いてシュミレーションを出すという感じでした。

 

最終的に海外の生命保険を勧められました。ドルで行う保険の方が同じ内容でも安いし、積立金を運用して最終的には掛け金よりプラスで貰える。ただ換金する時に円高、円安を見極める必要があるとの事で、海外の終身保険の説明ばかりになりました。

 

日本の保険もよく分からず相談に行っているのに、ドルで積立金を運用してもうけませんかという話になり、相談する気はもうありませんでした。その時点で2時間たっていた為、用事があると切り上げました。そのうち1時間はドルの話です。結果感想は時間の無駄でした。営業の方のタイプにもよると思いますが、私には合わないと思いました。

小さな骨折

子供の頃から親がかけてくれていた保険と、結婚した際に入った保険、医療保険は保険会社は二箇所入っていまして、30代後半になりはじめて骨折をしました。
引越しの際の片付けで棚に足の小指を強打しまして、激痛が走りましたが、打った日は何もせず一晩過ごしましたが次の日の朝、打った小指の腫れがひかず、真っ青になっていたので、病院に行きました。
レントゲンでひびが入っているとのことで、処置をして頂きました。その後定期的に病院に通いましたが、骨がくっつくのには時間がかかるとのことで、いくら小指といえども庇いながら歩くのも大変でした。
地味ながらもはじめての骨折で病院に通っていて、保険について駄目元で一応確かめようと思い、加入している二社に問い合わせました。A社に電話して小指の骨折を伝えると、特におりる保険はないとのことで、「お大事にしてください」とだけ言われました。
そしてB社に電話してみたところ、小指の骨折でも保険おりますとのこと!普段大病や怪我などしたことがなかったので、わからなかったですが、問い合わせてみるのは大事ですね。
5万円ほど保険金が出たので、何回か通った治療代などまかなえました。ただ、小指の小さな骨折ということで、病院の先生はちょっと証明書を書くのを渋っていましたが、実際に骨折な訳だし、お願いしたら証明書出してくださいました。こうした小さな怪我でも保証内容があったのには本当に助かりました。

保険に入っていて良かったと思った時

今回は女性ならではの妊娠出産に関わるケースです。妊娠出産は一般的には健康保険も適応されず、医療保険も関係ないように感じます。しかし、妊娠出産は残念ながら全てが順調である訳ではありません。人によってはとても辛い事も経験しなければならない場合もあるのが事実です。そんな時に、お金の心配が少なくなれば、それだけで精神的に救われたりするものです。
私自身が経験した、妊娠出産に関わる「保険に入っていて良かった」ケースです。

 

・流産
残念ながら、10人に1人が流産を経験すると言われています。初産平均年齢が30歳を越える現在は、昔よりも流産する方が増えているとの記録もあります。
流産はとても悲しく、とてつもない喪失感に襲われます。簡単に乗り越えられる物ではありません。そこに追い討ちをかけるように、手術や入院費などがのしかかってきます。何も得られず、お金だけがかかる現実に虚しくて毎日泣きました。
そんな時に友達から、流産でも保険がおりるよと聞いて手続きをしたところ適応されました。流産の悲しさが癒える事はありませんが、慰めになったのは事実だし、金銭的にかなり助かりました。

 

・帝王切開
帝王切開の割合は約20%、実に5人に1人が帝王切開で出産しているそうです。
帝王切開には、事前に決められた計画帝王切開と当日急に緊急帝王切開になるケースとあります。私は後者でした。帝王切開後はしばらく痛みで大変でしたが、保険が適応されて有り難かったです。帝王切開で出産経験のある方は、基本的には次の出産も帝王切開になる為、保険に入れなかったり条件付きになったりします。
まだ妊娠していない時こそ将来の妊娠出産に備えて保険に入っておくと安心です。