佐々木希の結婚報道

兼ねてから熱愛報道されながらも、マスコミにツーショット写真を全然撮られなかったし本人たちも認めていなかったから噂なのか本当なのかすら疑問だった佐々木希とアンジャッシュ渡部が結婚するとニュースで見て驚きました。
噂は本当だったのかーという気持ちと、ツーショット写真が思ったよりずっとお似合いでしっくりきたことが意外という気持ちでした。年が15歳も離れているとのことですが、年の差をそんなに感じさせない渡部ってすごいと思いました。
あんな完璧な美人のお嫁さんをもらったら幸せですよね。佐々木希は本当に綺麗だと思います。昔はもっと若いイメージでしたが、最近はすっかり大人の雰囲気でさらに美しくなったなと感じていました。
渡部も若いうちに散々遊んだだろうし今は落ち着いているのかなと。そもそもあんな美人のお嫁さんもらって浮気したらバチが当たりますよね。
それにしても結婚報道やオメデタ報道とかハッピーな報道は幸せな気分になりますね。

「BONES 骨は語る」シーズン8 第22話を見て

アメリカドラマ「BONES 骨は語る」シーズン8の第22話「許しのとき」を見ました。
ブースが母親と25年ぶりに再会するというストーリーでした。幸せとはいえない家庭で育ったブースは、これまでも育った環境のせいだと思われるトラウマが見え隠れすることが多々ありました。なので、言ってみれば自分を捨てた存在である母親のことも許せていないと思っていたのですが、冒頭であっさり笑顔で母親を受け入れたのが意外でした。
でも実は内心、ものすごくわだかまりを抱えていたんですね。ブースはあまり感情を出さずにため込んでしまうことがよくあるので、見ているこちらはやきもきしてしまいます。母親も思うところはそれはたくさんあるのでしょうが、公園のベンチでブースが思いのたけをぶちまけた場面は「よく言った!」と思ったのが率直な感想です。
最後には母親の再婚を祝福するブースの穏やかな笑顔がとても素敵でした。ブーケトスでブレナンが受け取ったラストシーンは、心憎い演出でしたね。ブースとブレナンが正式に結婚する日はやってくるのか、今後を期待したいと思います。

映画「箱入り息子の恋」を見て

映画「箱入り息子の恋」をDVDで見ました。
テレビドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」を見て星野源さんのファンになり、初主演映画という宣伝文句に惹かれて手に取ってみました。偶然なのでしょうが、30代半ばで女性と交際経験の無い、さえない男というキャラクターが「逃げ恥」と思いっきりかぶっています。しかし「逃げ恥」の平匡さんとはまったく異なり、もっと薄気味悪さが前面に出た印象の主人公でした。
雨の中なりふり構わない恰好で柱をよじ登る健太郎のかっこ悪さ全開の姿には強烈なインパクトがあり、星野源さんの振り切った演技が素晴らしかったです。対照的に、素直な奈穂子の透明感あふれるたたずまいは美しくて、浄化されるような気持ちになりました。
障害だらけの恋愛の末に別れることになった時、奈穂子が牛丼屋で号泣するシーンには、見ているこちらも大泣きしてしまいました。2度も大けがをして全身傷だらけの健太郎が、それでもしぶとくあきらめないラストは素敵な終わり方だったと思います。
久々にいい日本映画に出会えて嬉しくなった、とても面白い作品でした。

お花見に行ってリフレッシュしてきました!

今日は子供達を連れて、軽くお花見に行きました。桜並木の道が続く有名な観光地なのですが、近所なのに恥ずかしながら初めて訪れ、その美しい景色に親子ではしゃいでしまいました。
小学3年になる息子にカメラを渡し、撮りたいもの撮っていいよ、と言うと、とても嬉しそうにカメラを構え、風に揺れる桜や、時折舞う花吹雪や、横を流れる川にレンズを向け、キラキラした目で夢中になってシャッターを切っていました。その様子はとても可愛くて、カメラを構える息子を思わずスマホで撮影してしまった私です。
年長になる息子は、花見もそこそこに、花より団子なタイプでした。行く先々で見かける、ソフトクリームやぜんざいの看板に心奪われ、おねだり攻撃です。美味しそうなソフトクリームやさんがあったので買ってあげると、それはそれは嬉しそうに、口にいっぱいほおばって、幸せそうな顔を見せてくれました。
観光客に混ざって、写真を撮り、ソフトクリームやわらびもちを食べ、お土産やさんをのぞき、遠くまで旅行にでもきたような、とても楽しいひとときを過ごしました。
普段子供達には怒ることも多いのですが、久々にリフレッシュできました!

保湿力がとても高かった「無酸化」発想のオールインワン化粧品

もう春の季節ですが、昨年の冬時期から使っていたオールインワン化粧品を、使い切ることが出来ました。
化粧水の後に使うだけでいいのですが、これが本当にしっかりと保湿をしてくれて、乾燥が厳しい冬を乗り切ることが出来ました。ですので、もちろん口コミもいいだろうと思って調べてみたのですが(私はよく、自分の使っている美容アイテムの口コミを、チェックしてしまいます)、使っている方があまりいないのか、口コミの人数が極端に少なかったので驚きました。口コミ自体はそれほど悪くなかったのですが、使っている方が少なかったようで、えっ!と思いました。
こんなに良い商品がなぜだろう…と思ったのですが、理由はわからずじまいでした。
このオールインワン化粧品はミルクタイプということで、通常のゲルなどに比べると、油分が多いことでも保湿力がその分高かったと思うのですが、「無酸化」発想というオールインワン化粧品でもあります。
活性酸素が体の老化を進行させてしまうと言われていますので、その老化の進行を食い止める効果のあるものです。
実際にお肌の老化の進行があまりなかったことが、この化粧品のおかげかどうかはわからなかったのですが、保湿力が高かったですので、「無酸化」の化粧品は保湿力が高いというイメージが、私に付いてしまいました。
それがあっているのかわかりませんが、また無酸化の効果のある化粧品を見つけましたら、試してみようかなと思っております。
私個人的には、本当に使い心地が良かったオールインワン化粧品でした。

子どもがインフルエンザに。

久しぶりに風邪を引き、引っ越して来てから初めて内科に行ってきました。症状が発熱、悪寒、関節の痛み、鼻水。確実にインフルエンザかと思ったのですが検査をしてもらったら陰性でした。薬を飲んで翌日は元気になったのでお出掛けをしたのですが、また翌日に熱が上がりなんとか下がったので、大丈夫かなと思って数日過ごしてたら今度は息子が発熱。お腹と背中が暑いと泣いてたので病院に急いで行くと、熱は39℃まで上がっておりインフルエンザ陽性反応でした。苦しそうでグッタリしていて可哀想。夜ご飯(昼ご飯も)をおう吐としましたが、なんとか薬を飲み体を拭いて寝ました。
下の娘に移らないようにずっとおんぶをして片付けやら寝る準備をしてました。旦那が帰宅後息子と寝てくれた私は娘と二人で寝ました。翌日旦那が休みだったので息子と遊んでくれてましたがお花見の予定もキャンセルし、外にも出れず寂しそうでした。娘もお兄ちゃんと遊べず可哀想です。明日まで休めば幼稚園に行けそうです。みんな頑張りましょう。

頑張れ、天気予報!

今朝はパッとしない、どんより曇ったお天気でした。
前日に見たテレビの天気予報では快晴だって言ってたから、お洗濯日和だと思っていたのに・・
何だかとっても残念な朝。いつ雨が降ってもおかしくないくらいの空でした。
でも洗濯物がたまっているし、ここは天気予報を信じることにして、いざ洗濯開始。
全自動洗濯機だから洗濯は楽なんだけど、乾燥機がないんです。
だから洗濯物がたまると、干すのがちょっと大変になります。
冬物だと特にね。厚手の衣類が多くなるので、乾くのに時間もかかりますから。
快晴だと嬉しくなるんですよ、単純でしょ。
洗濯機が回っている間、テレビのワイドショー見てました。
ワイドショー、面白いです。
観ていて、怒ったり、笑ったり、たまにホロリとしたりして楽しんでますよ。
そうこうしているうちに、洗濯が終わったぞというピーピーという音が聞こえてくると、テレビ観るのは一旦終了です。
どんより曇っていた空が、心なしか明るくなってきています。
天気予報頑張れ!
ベランダが洗濯物でいっぱいです。

新年6日目の初詣

年が明けてから6日経って、ようやく初詣に行きました。昨年末に夫が腰痛で寝込んでしまったので、身の回りの世話をする必要があり、三が日に初詣に行けなかったのです。
行き先は自宅から車で15分ほどのところにある神社です。リハビリを兼ねて、夫が運転して行きました。神社は地域の中心部にあり、規模は大きくなければ小さくもないといったところです。3年くらい前に例大祭に行ってからこの神社が気に入って、毎年初詣に行くようにしています。
1年ぶりに行った神社では、社務所が以前とは別の場所に建て替えられて、境内全体が明るい雰囲気になっていました。前に社務所のあったところが更地になり、そこから池や石碑などが見渡せるようになったのがよかったです。また、神社の名前を記した大きな幟が境内に立っているところが格好いいと思いました。
拝殿では、夫婦で健康を願いました。夫の腰痛の回復を願うのはもちろんですが、昨年から何かと医療費がかさむようになったので、健康を意識しながら毎日を過ごしたいと思っています。
最後に新しい熊手を買って、古い熊手を神社に納めました。竹製の小さな熊手に、稲穂と金箔と神社のお札を添えただけのシンプルなデザインが好きで、私は毎年熊手を買うようにしています。
初詣に行って、やっと年が明けた実感が持てました。

夕食に悩む日々

食事の用意程面倒くさいものはないと思います。
特に家の娘はダイエットだから、と白いご飯を食べず、息子はお肉のおかずが無いと愚痴をこぼします。
かと言って別々に作るのはもっと面倒くさく、困ったものです。
ただ幸いな事に娘のダイエットはお肉が食べられるのが救いです。
息子は食べ盛りなので、お肉メインのおかずの日はお肉の消費量が半端じゃありません。
娘にダイエット中でも食べられる筈のサラダを勧めても殆ど食べてくれません。
理由を訊いたら「体が冷える」から、だそうです。
逆に息子は何でも食べます。
ラーメンライスやお好み焼き&ご飯、シチューにもご飯と炭水化物ばかりで栄養が心配です。
サラダも食べてくれません。
息子は更に夕食後もスナック菓子等のオヤツを食べているので余計に心配です。
両極端な子供達に挟まれて、残り物をちまちま食べている私です。
ああ、せめて娘のダイエットが早く終わるのを待つばかりです。
そして今日も献立に悩むのであります。

近所にハンドメイドのお店がオープン。

最近うちの近くに、ハンドメイドの作品を扱うショップがオープンしたんですよね。すっごく気になっていたのですが、普段は仕事をしているのでなかなか寄れなくて、先ほどやっと行ってきました。どうやらこの近くにお住まいのママさん達が共同で経営しているようで、ほのぼのとした雰囲気のお店でした。店員さんもおそらくそのママさんのお一人のようでしたね。すごく可愛らしい手作りのお品がたくさん!私、自分でハンドメイドはしない、というか、不器用で全然できないんですけど、こういった手作り品が大好きなんですよ。ちょっとした小物は、ファンシーショップなどで買ったりしないで出来るだけハンドメイドのものを持ちたいタイプなんです。たくさん持っているので、ハンドメイドがお好きなんですねって間違えられたこともあります。今日は、子ども用の小さいマフラーを購入してきました。うちの子にはもう小さいですけど、いとこのプレゼントにちょうど良さそうだったので。手作りのお品って、どこか温かみがあるんですよね。大好きなショップになりそうです。