開店すしとショッピング

この間、帰りが遅くなっちゃったので回転すしに行ってきました。

そしたらビックリしたのですが、夜遅くでも結構親子連れの方もいらっしゃるのですね。
小学生とか幼稚園くらいのお子さんとか割に多くって、「え?もう夜の9時だよ?明日、学校大丈夫なの?」と心配になっちゃいました。
まあ余計なお世話なんですけどね。

私が小学生の頃は夜の8時就寝でしたね。
あんまりテレビにも興味がなかったので、そのくらいの時間には寝ていました。
遅くても9時にはぐっすり寝ていましたね。

でも、今は面白いバラエティ番組が夜の9時とか10時とかに放送しているので、今の子供たちはなかなか寝づらいんじゃないでしょうか。

それは置いといて。

帰りが遅くなっちゃった理由は、仕事帰りにショッピングをしていたからです。

なんかね、ふらーっとお店を覗いたら20パーセントオフのセールをしてたんですよ。
これを見たら行っちゃうでしょ。買っちゃうでしょ。

というわけで、涼し気なワンピースを1着と帽子を買いました。

ワンピースは下にデニムを履きたいのでひざ丈の麻素材ワンピです。
いやはや生足を出す勇気がありませんのでズボンは必須です。

帽子もこれまた麻素材の物をチョイスしました。
柔らかくって、使わないときにはバッグの中に入れられるので良い感じです。

ごぼうを貰いました

立派なごぼうを頂きました。

とうかコレどうしよう・・・とちょっと茫然気味です。

いや、確かにごぼう大好きなんです。
ごぼうに限らず、似たような系統でいくとレンコンとかも大好きです。
あのシャキシャキとした噛み応えがある根菜類って美味しいですよね。

でもね、料理は結構苦手です。

ごぼうも泥とかすごいでしょ?
もうキッチンが泥だらけになるのであえて買わないようにしていました。
大好きなごぼうも調理されたものを買う専門です。

んで、まあごぼうをどーんともらっちゃって困っているわけなんです。

そこで、実家の母にヘルプの電話をしました。

母「じゃあ、持っておいで」

なんてできた母なんでしょう!やさしさに震えちゃいます。

というわけで、たくさんのごぼうは母の手によって大量のきんぴらごぼうに生まれ変わりました!

わーい、めちゃくちゃ助かりました!
しかも美味しいのでご飯がものすごーくすすみます。

母曰く
「ごぼうの皮を包丁の背でそぎ落としたら、スライサーでシャッシャッシャーと薄くスライスしていったら簡単よ」
との事でした。

確かにスライサーだったら程よく薄く切れるし、包丁でささがきすることを考えたらめちゃ簡単かもですね。
うーん、今度ごぼうを頂く機会があったら挑戦してみようかなぁと思います。

しまパトに行ってきましたよ

久しぶりに、庶民の味方・我らがしまむらに行って来ましたよ。

というか最近、しまむらって品ぞろえ変わりました?
どーもあんまりビビっとくる商品がないんですよね。

しかもなんだか、ちと高くなっているような気がするのですが・・・。

しまむらの醍醐味はなんといってもトレンドの服を安く手に入れられる!っていうところだと思うのですが、昔の掘り出し物感が失われつつあるっぽいです。
値段も高いし、あのワクワク感が感じられな~い。

って、冒頭からしまむらの不満をぶっちゃけちゃいまいしたね。
でもでも、これもしまむらを愛しているが故なのですよ。

今回のしまパトでは首元がV字に空いたトップスをゲットしました。
縦に模様が入っているので着やせ効果を狙っております。
ええ、少しでも細く見せたいので。
首元もV字に空いているので、顔もシュッと見せてくれるかなぁと期待しております。

あとはブラブラ~っと店内を物色してまわっていたのですが、やっぱりビビっとくるものがなく撤退いたしました。

ワイドパンツが売っていてとっても気になったんですけど、色が黄色だったんですよね。
季節柄明るくって良いなぁとは思ったのですが、派手すぎるかなぁと思い辞めました。

しまむらさん!頑張ってくださーい。

晩ご飯に鶏胸肉で唐揚げ

先日スーパーで鶏胸肉が安く売っていたので購入し、一切れは甘煮を作ってどんぶりにしました。
そして今日は、もう一切れを使って唐揚げを作ってみました。

正直唐揚げの作り方を知らなかったので、ネットでレシピを検索して作りましたが
思っていたより簡単でしたし、満足感のあるご飯になりました。

最近は一緒に住んでる彼氏さんに手ほどきしながら料理をしているので
一緒に作っている感じが楽しいです。

前に一度玉ねぎをみじんぎりした時に、指を切ってしまったので
そこからよく手伝ってくれたりするようになり
今では料理を覚える、という感じで良いお嫁さんになりそうな彼氏さんです。

結婚している友人も共働きが多いので
料理は女の仕事だという事はもう無くなっている時代な感じもしますね。

胃腸炎になった話

今年最後の週末のことです。
激務だった仕事もとりあえず年内分はひと段落し、家で飲もう!と思い帰宅しました。
なんとなく夕方から胃のあたりが痛い感じがしてて、でもきっとお腹がすいたからだと思い込んでいました。
鍋みたいな感じの夜ご飯を作って缶ビールをあけて、食べ飲み始めたのですが…食べても痛いのがおさまらない。
だんだん下腹部が痛くなってきました。
やっとのことで缶ビール1本を飲んで、お風呂入って寝ることに。
でも、痛くて眠れない。
その上熱っぽくなってきて、測ると38度。
それでもウトウトすると、仕事の夢を見てすぐ起きる。
こんな感じで朝を迎えました。
朝になっても熱と痛いのがおさまらず、迷った末に病院へ。
胃腸炎と言われました。
初めてなりました…。
ウイルス性、神経性などいろいろあるみたいですが、私の場合はおそらくストレス性ではないかと。
あと疲れかなぁ。
今は熱もなく、腹痛もだいぶ回復してきました。
明日から実家に帰るので、ゆっくり休みたいと思います。

生活の楽しみ。

私は、時々趣味の勉強をします。本を読んで、蛍光ペンでマークしながら、読んでいます。ポイントを蛍光ペンでマークすると、頭に入るし、重要なところが一目でわかるので、オススメです。
私は、1歳になる娘に時々おもちゃや絵本を買います。100円ショップでおもちゃを買ったり、ドラッグストアの絵本コーナーもオススメです。お正月用のカルタなども、100円ショップにはいろいろあり、嬉しかったです。
うちでは、お正月用の飾りも、100円ショップで買いました。いろいろあるので、オススメです。
私は、毎日お茶などを飲むので、歯が汚れます。そこで、ホワイトニング効果のある歯磨き粉を使います。今は意外に安く売っているので、時々使って、白い歯にしています。

新しい靴を買いました

今までずっと気に入って履いていた靴のつま先にとうとう穴があき、デパートに靴を買いに行くことにしました。
いい靴を見つけるにのはいつも苦手で、一人で行くと何も見つけられずに帰ってくることが多いので、母についてきてもらいました。
母は洋服屋などに行っても、わりとすぐに見つけられるので、そういうときに一緒に行くとかなり便利です。
おかげさまで、今回はいい靴を見つけることができました。
母と一緒に行っても見つからないときは絶対に見つからないので、今回は見つかってラッキーでした。
洋服でも靴でも、気に入ったのを買えるとルンルン気分で帰り、一日中気分がいいです。
そのせいというわけではありませんが、そのあとデパ地下でケーキを買って帰りました。
逆になんにも見つけられずに帰ると、一日ドヨーンとしてしまいます。
家に帰ってからも、鏡の前でその靴を履き、一人ファッションショーをして楽しい気持ちになります。
明日からさっそく使うのを今から楽しみにしています。
壊れた靴は、何年も履いていたものだったので、処分するのは悲しかったですが、そんなになるまで使ってもらって、この靴もきっと本望だっただろうなぁ、と思いながらゴミ箱に入れました。

切れ味の良い包丁で料理

テレビで切れ味の悪い包丁と切れ味の良い包丁で、肉を切って調理した時の料理の美味しさを比べていました。
お肉も調理方法も同じだとしても、包丁の切れ味が違うだけで、お肉の美味しさが全然違うという結果を見て衝撃を受けました。
うちにある包丁も切れ味は悪いと感じていましたが、まさか包丁の切れ味でお肉の味まで変わってしまうとは驚きです。
対処法としては、シャープナーという小型の奇怪で研ぐだけでも違うと言う事でした。
私も何回かシャープナーで研いだ事もありますが、シャープナーも機種によって研ぐ方法が違うだというので、またまた驚きました。
ただ前後に動かせば良いのでは?と思っていたので、ショックです。
シャープナーでも研ぐと切れ味はかなり変わるそうなのですが、包丁の切れ味を抜群にするには、砥石を使って研ぐのが良いそうです。
「砥石」と聞くと、かなり上級者向けのような気持ちになって、尻込みしそうなのですが、そのテレビでは素人の主婦の方も普通に研いでいました。
コツさえつかめれば、砥石であっても上手く研げそうな気がしました。
包丁の切れ味ひとつで、料理の味まで変わってしまうのであれば、包丁は良く切れるよう切れ味抜群にしておきたいなと思いました。

海外旅行の計画進行中

この頃、海外旅行に行きたいとよく家族で話し合います。
最初は旅番組を見て、他愛もなく、「あそこがいいね、〇〇に行きたい」といった会話程度だったのですが、父が定年退職をし、退職金が入ったこともあり、その計画の話も具体的になってきました。
私たち家族は海外旅行には行ったことがありませんし、英語すら全然できません。
しかし、父は若い頃、海外に行ってみたかったという若かりし頃の夢を語りだし、とにかく、心は海外にすでに飛び立っているようでした。
父は定年退職をしたとはいえ、新しく仕事も見つけたので、そんなに長期で出かけることはできないとはいえ、ロンドンに行きたいと具体的な地名も口に出すようになり、旅行会社に相談も行ったようです。

父は着々と海外旅行の計画を進行させていますが、父を1人だけ行かせるわけにはいきませんから、私と母も行かないといけないと覚悟は決めています。
問題は言葉です。

私は英会話教室に通い、毎日、英語の音声を聞き、なんとか現地に行っても困らないようにと勉強をしています。
父のほうは自分が好きなビートルズゆかりの地に行きたいと夢にあふれていますが、母のほうは食べ物が口に会うのかしらと心配していますが、毎朝、チーズとヨーグルトを食べているので大丈夫な気がします。

私たち家族はその内、ロンドンに行っていることでしょう。

夏は涼しい北へ

3年ほど前の夏の家族旅行のお話になります。
我が家では一人息子と3人毎年夏は車で国内旅行に行くのですが、その年は涼しく過ごせて、日本海で海水浴をということで、山形に行くことになりました。
夜発で向かい、その日は海水浴の予定でしたがあいにくのお天気で日本海ドライブ、酒田の山居倉庫を散策しました。山居倉庫は緑が多くて夏にぶらぶらしてもとても気持ちよかったです。翌日は、湯殿山神社と山寺の参拝です。湯殿山神社は神秘的でした。湯殿山についたらバスに乗り換え湯殿山神社まで向かいます。靴は脱ぎ裸足で清めてからそのまま山あいを進み神様にお詣りするのです。他の神社では感じたことのないほど心洗われた気持ちになりました。忘れられないよい思い出になりました。その後山寺へ向かいました。私は一度来たことがあるのですが、主人と3歳の息子はもちろん初めてです。息子が階段登りきれるか心配しましたが、休み休みながらも頑張って登りきりました。山形は盆地なので市内に近いと意外なことに結構暑くて汗だくになりながら登ったのをすごく覚えています。3日目は目的の日本海での海水浴でした。幼い頃新潟の海に行ったらしいのですが記憶がなく、ほぼ初日本海での海水浴。海なし埼玉県民の私は日本海の綺麗さに驚きました。太平洋の海と全然違うんですね。最終日は蔵王方面を寄り道しながら長い道のりを帰路につきました。最後に美味しかった食べ物ですが、山形だしです。なすやきゅうりのみずみずしいさとミョウガなど香味野菜のさわやかな風味、食欲のわかない夏でもこれなら進みます。旅から帰ったら自分作ったほど気に入りました。