保険の窓口に相談した結果

私が保険の見直しをしようと思ったのは、結婚と妊婦がキッカケでした。
それまでは正社員だった為、収入保障保険もつけていました。専業主婦になったので必要無いのではと思い、保険屋さんの担当に相談すると、主婦でも骨折した時に保障が効くし、月々1300円位だからつけていた方が良いと言われあまり話を聞いてもらえませんでした。主人の生命保険の加入と、学資保険も考えていた為、口コミで評判の良かった保健の窓口に相談する事にしました

まずは自分の保険内容の確認でした。収入保障の必要性を相談すると、後々仕事復帰をする予定ならつけておいた方が良いとの事でした。
ただ小学校に入るまでは仕事をするつもりは無かったのと、骨折位なら入院や手術保障でまかなえる為、あまり納得がいく説明ではありませんでした。

次の相談内容は主人の生命保険の新規加入でした。
私の希望としては、死亡保険、入院、手術、ガン保険加入が最低条件で、1番安い所。それ以外は様子を見ながら毎年見直しをして行こうという考えでした。
想像していたのは、同内容で各保険屋さんの金額と保障期間を聞いて、絞っていくと思っていましたが、まず聞かれたのはご主人が亡くなった場合いくら必要ですか?でした。
分からないから相談しているのに、500万ですか?1000万ですか?と言われても、掛け金が多い方が多く貰える事位は分かりますというかんじでした。最初のアンケートに収入や家族構成、月々の生活費を書いていた為、結局生活費プラス年金等で貰える金額を差引いて計算をし、死亡保障1000万で検討する事になりました。

 

梅田駅周辺の保険相談 人気ランキング!

 

その後の話はもう訳が分かりませんでした。最初に1番安い所と言っていたのに、掛捨てで月々2万のものを話されたり、子供は何人作る予定ですか?や、毎月の生活費はいくらあったら生活出来ますか?等、全てこちら任せで相談というよりはただ希望を聞いてシュミレーションを出すという感じでした。

 

最終的に海外の生命保険を勧められました。ドルで行う保険の方が同じ内容でも安いし、積立金を運用して最終的には掛け金よりプラスで貰える。ただ換金する時に円高、円安を見極める必要があるとの事で、海外の終身保険の説明ばかりになりました。

 

日本の保険もよく分からず相談に行っているのに、ドルで積立金を運用してもうけませんかという話になり、相談する気はもうありませんでした。その時点で2時間たっていた為、用事があると切り上げました。そのうち1時間はドルの話です。結果感想は時間の無駄でした。営業の方のタイプにもよると思いますが、私には合わないと思いました。

小さな骨折

子供の頃から親がかけてくれていた保険と、結婚した際に入った保険、医療保険は保険会社は二箇所入っていまして、30代後半になりはじめて骨折をしました。
引越しの際の片付けで棚に足の小指を強打しまして、激痛が走りましたが、打った日は何もせず一晩過ごしましたが次の日の朝、打った小指の腫れがひかず、真っ青になっていたので、病院に行きました。
レントゲンでひびが入っているとのことで、処置をして頂きました。その後定期的に病院に通いましたが、骨がくっつくのには時間がかかるとのことで、いくら小指といえども庇いながら歩くのも大変でした。
地味ながらもはじめての骨折で病院に通っていて、保険について駄目元で一応確かめようと思い、加入している二社に問い合わせました。A社に電話して小指の骨折を伝えると、特におりる保険はないとのことで、「お大事にしてください」とだけ言われました。
そしてB社に電話してみたところ、小指の骨折でも保険おりますとのこと!普段大病や怪我などしたことがなかったので、わからなかったですが、問い合わせてみるのは大事ですね。
5万円ほど保険金が出たので、何回か通った治療代などまかなえました。ただ、小指の小さな骨折ということで、病院の先生はちょっと証明書を書くのを渋っていましたが、実際に骨折な訳だし、お願いしたら証明書出してくださいました。こうした小さな怪我でも保証内容があったのには本当に助かりました。

保険に入っていて良かったと思った時

今回は女性ならではの妊娠出産に関わるケースです。妊娠出産は一般的には健康保険も適応されず、医療保険も関係ないように感じます。しかし、妊娠出産は残念ながら全てが順調である訳ではありません。人によってはとても辛い事も経験しなければならない場合もあるのが事実です。そんな時に、お金の心配が少なくなれば、それだけで精神的に救われたりするものです。
私自身が経験した、妊娠出産に関わる「保険に入っていて良かった」ケースです。

 

・流産
残念ながら、10人に1人が流産を経験すると言われています。初産平均年齢が30歳を越える現在は、昔よりも流産する方が増えているとの記録もあります。
流産はとても悲しく、とてつもない喪失感に襲われます。簡単に乗り越えられる物ではありません。そこに追い討ちをかけるように、手術や入院費などがのしかかってきます。何も得られず、お金だけがかかる現実に虚しくて毎日泣きました。
そんな時に友達から、流産でも保険がおりるよと聞いて手続きをしたところ適応されました。流産の悲しさが癒える事はありませんが、慰めになったのは事実だし、金銭的にかなり助かりました。

 

・帝王切開
帝王切開の割合は約20%、実に5人に1人が帝王切開で出産しているそうです。
帝王切開には、事前に決められた計画帝王切開と当日急に緊急帝王切開になるケースとあります。私は後者でした。帝王切開後はしばらく痛みで大変でしたが、保険が適応されて有り難かったです。帝王切開で出産経験のある方は、基本的には次の出産も帝王切開になる為、保険に入れなかったり条件付きになったりします。
まだ妊娠していない時こそ将来の妊娠出産に備えて保険に入っておくと安心です。

定期預金よりも個人年金?

ファイナンシャルプランナーさんに相談して保険を見直す際に、個人年金にも加入しました。私が加入したのは、60歳から10年間、20万円ほど支給される個人年金です。銀行に定期預金としてお金を預けても、微々たる利子しかつかない現在。

賢く保険を利用するのも1つの手だと思います。私の加入した個人年金は、20年以上お金をお預けする必要こそありますが、預けた金額以上のお金が年金として支給される仕組みになっています。

保険商品を選ぶ必要はありそうですが、定期預金をしておくよりは、ずっとお得にお金を増やすことができますよ。私が勧めたこともあって、私の母も個人年金に加入しました。娘としては、親が保険に加入してくれている事は安心ですし嬉しいです。

また、個人年金に入っていることで、税金の控除を受けられるのも嬉しいポイントです。上限額はありますが、個人年金に入っていることで、医療保険や生命保険とは別の枠組みでの控除を受けることができます。申請の必要はあると思いますが、これは嬉しいです。

まだ若く現役として働いているので、今は月々ある程度の収入があります。それが、なくなってしまうであろう将来に備え、上手に個人年金を利用していきたいと思っています。今後もお得な商品があれば、加入していくつもりです。

忘れられない高知旅行

三年前の夏に行った高知のことが忘れられずにいます。
子供をアンパンマンミュージアム連れていこうというのが目的でした。それはもう喜んでくれて、わたしも幼少期に夢中であったこともあり大人も楽しめる場所でした。

 

子供が満足したあとは、高知に来たからには美味しいものもたくさん食べたいと、高知駅近くのホテルでも食事の口コミが良いところの予約を取っていました。土地勘のないところで宿を取るには駅近に越したことはありません。そこで少し贅沢をして(お子様ランチもとても豪華な、しかも乳アレルギー対応もしてくださいました)。
2日目はひろめ市場や桂浜近くの旅館にランチだけ食べに行ったりもしました。そこの旅館では、またお心遣いをいただき子供が食べきれなかった白米を、なんとおにぎりにしても持たせてくれました。こんな暖かい人との触れ合いも他にもたくさんあり、子供を連れているだけで声をかけられることも多かったです。
またその旅館から桂浜を見渡す眺めも最高でした。満腹になった後に龍馬像など観光名所をまわったりもしてお土産をたんまり買って帰りの新幹線に。一泊二日で行ったことがもったいなく思ったほど、一週間くらい高知県を満喫したかったです。