保険の窓口に相談した結果

私が保険の見直しをしようと思ったのは、結婚と妊婦がキッカケでした。
それまでは正社員だった為、収入保障保険もつけていました。専業主婦になったので必要無いのではと思い、保険屋さんの担当に相談すると、主婦でも骨折した時に保障が効くし、月々1300円位だからつけていた方が良いと言われあまり話を聞いてもらえませんでした。主人の生命保険の加入と、学資保険も考えていた為、口コミで評判の良かった保健の窓口に相談する事にしました

まずは自分の保険内容の確認でした。収入保障の必要性を相談すると、後々仕事復帰をする予定ならつけておいた方が良いとの事でした。
ただ小学校に入るまでは仕事をするつもりは無かったのと、骨折位なら入院や手術保障でまかなえる為、あまり納得がいく説明ではありませんでした。

次の相談内容は主人の生命保険の新規加入でした。
私の希望としては、死亡保険、入院、手術、ガン保険加入が最低条件で、1番安い所。それ以外は様子を見ながら毎年見直しをして行こうという考えでした。
想像していたのは、同内容で各保険屋さんの金額と保障期間を聞いて、絞っていくと思っていましたが、まず聞かれたのはご主人が亡くなった場合いくら必要ですか?でした。
分からないから相談しているのに、500万ですか?1000万ですか?と言われても、掛け金が多い方が多く貰える事位は分かりますというかんじでした。最初のアンケートに収入や家族構成、月々の生活費を書いていた為、結局生活費プラス年金等で貰える金額を差引いて計算をし、死亡保障1000万で検討する事になりました。

 

梅田駅周辺の保険相談 人気ランキング!

 

その後の話はもう訳が分かりませんでした。最初に1番安い所と言っていたのに、掛捨てで月々2万のものを話されたり、子供は何人作る予定ですか?や、毎月の生活費はいくらあったら生活出来ますか?等、全てこちら任せで相談というよりはただ希望を聞いてシュミレーションを出すという感じでした。

 

最終的に海外の生命保険を勧められました。ドルで行う保険の方が同じ内容でも安いし、積立金を運用して最終的には掛け金よりプラスで貰える。ただ換金する時に円高、円安を見極める必要があるとの事で、海外の終身保険の説明ばかりになりました。

 

日本の保険もよく分からず相談に行っているのに、ドルで積立金を運用してもうけませんかという話になり、相談する気はもうありませんでした。その時点で2時間たっていた為、用事があると切り上げました。そのうち1時間はドルの話です。結果感想は時間の無駄でした。営業の方のタイプにもよると思いますが、私には合わないと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です