小さな骨折

子供の頃から親がかけてくれていた保険と、結婚した際に入った保険、医療保険は保険会社は二箇所入っていまして、30代後半になりはじめて骨折をしました。
引越しの際の片付けで棚に足の小指を強打しまして、激痛が走りましたが、打った日は何もせず一晩過ごしましたが次の日の朝、打った小指の腫れがひかず、真っ青になっていたので、病院に行きました。
レントゲンでひびが入っているとのことで、処置をして頂きました。その後定期的に病院に通いましたが、骨がくっつくのには時間がかかるとのことで、いくら小指といえども庇いながら歩くのも大変でした。
地味ながらもはじめての骨折で病院に通っていて、保険について駄目元で一応確かめようと思い、加入している二社に問い合わせました。A社に電話して小指の骨折を伝えると、特におりる保険はないとのことで、「お大事にしてください」とだけ言われました。
そしてB社に電話してみたところ、小指の骨折でも保険おりますとのこと!普段大病や怪我などしたことがなかったので、わからなかったですが、問い合わせてみるのは大事ですね。
5万円ほど保険金が出たので、何回か通った治療代などまかなえました。ただ、小指の小さな骨折ということで、病院の先生はちょっと証明書を書くのを渋っていましたが、実際に骨折な訳だし、お願いしたら証明書出してくださいました。こうした小さな怪我でも保証内容があったのには本当に助かりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です