新年6日目の初詣

年が明けてから6日経って、ようやく初詣に行きました。昨年末に夫が腰痛で寝込んでしまったので、身の回りの世話をする必要があり、三が日に初詣に行けなかったのです。
行き先は自宅から車で15分ほどのところにある神社です。リハビリを兼ねて、夫が運転して行きました。神社は地域の中心部にあり、規模は大きくなければ小さくもないといったところです。3年くらい前に例大祭に行ってからこの神社が気に入って、毎年初詣に行くようにしています。
1年ぶりに行った神社では、社務所が以前とは別の場所に建て替えられて、境内全体が明るい雰囲気になっていました。前に社務所のあったところが更地になり、そこから池や石碑などが見渡せるようになったのがよかったです。また、神社の名前を記した大きな幟が境内に立っているところが格好いいと思いました。
拝殿では、夫婦で健康を願いました。夫の腰痛の回復を願うのはもちろんですが、昨年から何かと医療費がかさむようになったので、健康を意識しながら毎日を過ごしたいと思っています。
最後に新しい熊手を買って、古い熊手を神社に納めました。竹製の小さな熊手に、稲穂と金箔と神社のお札を添えただけのシンプルなデザインが好きで、私は毎年熊手を買うようにしています。
初詣に行って、やっと年が明けた実感が持てました。